横領事件発覚・逮捕に一役 住民からの相談に対応 顧問弁護士が追及、「自供」へ 県福管連

投稿日:2024年03月02日 作成者:福井英樹 (828 ヒット)

北九州市のマンション管理組合の預金を無断で計126万5000円引出したとして、福岡県警小倉北署が1月、会計担当の70代の女を業務上横領容疑で逮捕した事件を西日本新聞社が1月16日付朝刊で報じた。

女の逮捕に一役買ったのが、NPO法人福岡県マンション管理組合連合会(県福管連、山内誠一郎会長)だ。

山内会長によれば2022年8月、会員ではなかったが、自主管理だという。当該マンションに暮らす90代の住民が「助けてくれ」と電動シニアカーで相談に訪れた。

賛助会員として県福管連に加入する。同マンションの住民の紹介で訪ねたという。

相談は、管理組合経理に関する内容。預金残高が不明朗で、会計担当の女が「2年以上残高証明書を提出せずパソコンで作成した表を出してくる」というものだった。残高証明書の提出を求めても「忙しい」などと応じてもらえず、県福管連に助けを求めた。

相談対応の中では女から電話があり、山内会長が、相談者に対する罵詈雑言を数十分聞かされる一幕もあったという。

その後、県福管連の顧問弁護士を紹介。同弁護士が預金残高の開示を求め、追及すると女は横領を認めた。その後県福管連を紹介した住民が理事長になり告訴した。

この相談がなければ女の横領行為が続いていた可能性が高く、相談対応がきっかけとなり、管理組合の被害を食い止めた形だ。山内会長は「連携がうまくいった」と話す。会計報告で「残高証明書を出さないのはおかしい。残高証明書は絶対に必須です」と指摘している。

以上、マンション管理新聞第1261号より


福井英樹マンション管理士総合事務所

生駒office
〒630-0212
奈良県生駒市辻町70番地8 B-513
TEL&FAX:0743-74-7098

堺office
〒590-0134
大阪府堺市南区御池台3丁35番3号
TEL&FAX:0722-90-2618

携帯: 090-7356-7783

E-mail:ma67rd77ml@kcn.jp