試験方式、「記述式」が復活 維持修繕技術者試験 9月4日、全国7都市で 管理協

投稿日:2022年06月13日 作成者:福井英樹 (121 ヒット)

一般社団法人マンション管理業協会(管理協)は5月23日、2022年度のマンション維持修繕技術者試験の実施概要を発表した。

同技術者試験は管理協の認定資格。今年5月1日現在、4781人が登録を受けている。

「マンション管理適正評価制度」への活用を見込み、今回から内容を変更。試験方法も記述式が復活する。

出題範囲はマンションの維持・修繕に係る一般建築・設備知識、管理組合対応知識等。記述式は管理協ホームページの「マンション管理適正評価サイト」としている。

概要は左記の通り。

試験日 9月4日(日)午後1時~3時

受験申込期間 5月27日~6月24日 ※当日消印有効

受験資格  大学卒業後1年以上の実務経験、大規模修繕コンサルタント実務研修修了者、マンション維持修繕技術専門課程研修受講者、1・2級建築士、建築設備士、管理業務主任    者・マンション管理士試験合格者等

試験方法 択一式試験(四肢択一式、45問・配点90点)・記述式試験(2問・配点10点)

会場 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

受験料 1万1000円 ※消費税込み

合格発表 11月7日(月)※予定

受験申込案内書は5月27日、管理協ホームページに掲載する。

問い合わせは試験研修部☎03(3500)2720へ。

以上、マンション管理新聞第1204号より。

 

 

 


福井英樹マンション管理士総合事務所

生駒office
〒630-0212
奈良県生駒市辻町70番地8 B-513
TEL&FAX:0743-74-7098

堺office
〒590-0134
大阪府堺市南区御池台3丁35番3号
TEL&FAX:0722-90-2618

携帯: 090-7356-7783

E-mail:ma67rd77ml@kcn.jp