管理協・民泊対応調査 2割弱が決議なし  マンション管理新聞第1065号

投稿日:2018年03月13日 作成者:福井英樹 (1308 ヒット)

一般社団法人マンション管理業協会(管理協、岡本潮理事長)は、2月27日、会員各社の民泊対応状況調査の結果を発表した。会員365社(住宅管理組合数9万5073)に2月4日時点での対応状況を尋ね、308社(同8万7352)から回答を得た。
民泊を禁止する旨の管理規約改正や総会・理事会決議を行ったのは8万7352組合中7万361組合で、全体の80.5%。全体の19.1%に当たる1万6721組合は決議を行っていない。
民泊を容認する旨の決議を行ったのは270組合(0.3%)にとどまった。
禁止方針の内訳は規約改正が44.6%、総会・理事会での方針決議が35.9%。
一方、容認方針の内訳は同0.1%、同0.2%。270組合中、規約改正を行ったのは90組合、総会・理事会で方針決議を行ったのは180組合ということになる。


福井英樹マンション管理士総合事務所

生駒office
〒630-0212
奈良県生駒市辻町70番地8 B-513
TEL&FAX:0743-74-7098

堺office
〒590-0134
大阪府堺市南区御池台3丁35番3号
TEL&FAX:0722-90-2618

携帯: 090-7356-7783

E-mail:ma67rd77ml@kcn.jp