管理組合役員のなり手不足て、本当なの?

投稿日:2016年01月30日 作成者:福井英樹 (612 ヒット)

去る2016年1月29日に(一社)日本マンション管理士会連合会加盟会大阪府マンション管理士会有志勉強会「役員の専門家登用」の中で、
中島康夫一級建築士・マンション管理士が高齢化による理事のなり手不足に触れ、実際はそうではないことに言及された。

国交省が行っているマンション総合調査結果によれば、「引き受けない:5.7%(H25)、6.6%(H20)」と相当低く引き受けない理由で「(仕事が忙しい)または(高齢化)」と回答された方は「3.0%(H25)、3.6%(H20)と極わずかであるにもかかわらず、各所で「役員のなり手不足、なり手不足」との問題提起がなされていることには、再認識する必要があるのではないか?

高齢化問題は確かに将来的には生じる問題ではあるが、意識的健常な高齢者が多い日本社会においては、我々を含め専門家も認識を改める必要があるのではないか?
というご高説に小職も認識を改めた次第です。
風説に惑わされず、原点に帰る必要性を痛感いたしました。


福井英樹マンション管理士総合事務所

〒630-0212
奈良県生駒市辻町70番地8 B-513
堺office:大阪府堺市南区御池台3-35-3
堺office専用メールアドレス(sihideori-fukuokd@docomo.ne.jp)
TEL&FAX: 0743-74-7098
携帯: 090-7356-7783
ma67rd77ml@kcn.jp