理事長の「理事長職」を理事会で解任しても無効!?

投稿日:2017年04月11日 作成者:福井英樹 (221 ヒット)

福岡高裁で上記タイトルの判決が出ております。
専門家の間で波紋を呼んでいます。

マンション管理のバイブルともいえる「マンションコンメンタール区分所有法」第三版150P~151Pでも
理事・理事長の解任について『マンション標準管理規約で定める理事または理事長(同規約)【単棟型】35条』の役職の解任については、それらの選任に準ずるものと解され、理事長職の解任については理事会の決議で行うことができるが、一般の「理事」および理事長たる「理事」の解任については集会の決議によるものと解される。』とあり、今まで専門家の定説となっている理事長の理事長職だけの解任を理事会決議だけでしていたのは無効との判決が出ており、さらに新しく理事会で選任された新理事長も認められないとの判例がでました。
最高裁まで持ち込まれるようです。

皆様方の管理規約が標準管理規約に準拠されているものなら、当該35条に「理事長の理事長職の解任については理事会決議で行うことができる(できない)」等解任についても追加明記しておく方が無用な論争を避けることが出来そうです。

規約改正になりますので特別決議は必要です。


福井英樹マンション管理士総合事務所

〒630-0212
奈良県生駒市辻町70番地8 B-513
堺office:大阪府堺市南区御池台3-35-3
堺office専用メールアドレス(sihideori-fukuokd@docomo.ne.jp)
TEL&FAX: 0743-74-7098
携帯: 090-7356-7783
ma67rd77ml@kcn.jp